⊿Cooのつい日記

かしゆか、おめでとう!

vlcsnap-2014-12-23-22h03m54s36.png




まだまだこんな時期につき、こんな写真で。



スポンサーサイト
  1. 2014/12/23(火) 22:17:21|
  2. Perfume
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう、以上の言葉があればいいのに。



それは本当に突然のことだった。



母の調子がなんかおかしいなぁと電話越しにも感じていた頃、車で40分程離れたところにあった実家に行くと、
たまたまそこには父の担当をしてくれていた訪問看護師が来ていた。


「ああ、お会いできてよかった。最近お母さんちょっとおかしいと思いませんか?」
「はい、電話越しですが」
「さすが息子さん」


他にも少し異常な行動が見られるということで、介護申請をした方がいいという助言もあり、
次の休みにまた実家に来ることにした。
その前に脳のMRIを撮っておいた方が一度に終わるということで、実家の隣町になる脳外科に予約を取った。


後日、脳外科。
MRIが終わり、診察が終わったらその足で心療内科に行かないとなぁなどと考えているうちに、診察室に呼び出された。


「実はこれが先ほど撮った画像ですが、脳に腫瘍ができています」


見せられた画像を見て「これこそが愕然というものだ」という程凍りついた。
それは、全くのど素人が見ても分かる程の、大きな白い円だった。

母を一度待ち合いに誘導し、すぐ診察室に戻った僕は、もう一度先生に聞いた。

「つまりこれは癌ってことですか?」
「そうです。この画像を見る限りでは、悪性の腫瘍が疑われます。
入院する必要があるので紹介状を書きますが、どこか大きな病院は受診されていますか?」


-----------------------------------------


紹介してもらったのは、妻の仕事場にも近い病院。
脳外科の受付に行って紹介状を出すと、しばらくして
「紹介状の先生が今忙しいので、違う先生でもいいですか?」
診てくれたのは多分一番若い先生と思われる方。「この若い先生でもいいってことなのか?」と一瞬思ったが、
それが後で正しい直感だと証明されることになる。

同じようにMRIなどで撮影され、最初に行った病院と同じような説明がされた後、
僕だけが診察室に残るよう言われた。
聞いた言葉は同じだった。「悪性の脳腫瘍の疑いが高いです」。
悪性というのはその腫瘍の種類が悪性なのかと思っていたがそうではなく、
浸潤=周りの脳に浸み込むように成長する腫瘍、つまり手術などで全て取り去ることが難しい、
というか不可能ということだった。

脳から組織の一部を取り出して、病理組織診断をすることになり、後日手術が行われることになった。

朝、手術の立ち合いのため病院を訪れ、「調子はどう?」「うーん、早くここから出たいわ」などと会話をした後、
「ちょっと手を貸して」とベッドの上で撮ったのが、この写真だ。
撮影できる時間はごくわずか。この方法しかなかった。


with mother


「何を撮ってるの?」
母はこちらを見られない状態だったので、訝しげに質問してきた。
「まぁいいから。手を少し広げて」
がんばって広げてくれたので、指先までピンとした。
ただ慌てて撮ったので、後ろのシーツや手術用の服がみっともない感じだけど。

「まぁ後で見せてあげられるかも。がんばって。」
僕がそう答えた後、母は手術室に運ばれていった。


-----------------------------------------


後日、検査結果を聞きに行った。
先生は、内容を詳細に書いた一枚の紙を用意してくれていた。


その3行目。
診断結果:膠芽腫 グレード4


余命は長くて1年との説明だった。
しかしそれは、最初の病院での診察でも同じようなニュアンスで伝えられて僕が感じていた予想と同じだった。
この病院に来た時の悪い直感とも。


ぐるんぐるんツアーは元々仕事が忙しくて行けないことが確定していたが、もうそんな話ではなかった。
離れたところに住んでいる兄に報告。ほんの一部の親戚にも伝えられた。



闘病半年。こんな4文字では表現しきれない様々な治療や入院生活、各方面との調整事項を経て、
やっと決まった移動先に移動した直後に急変。帰らぬ人となった。



でも、覚悟する時間を十分くれたので、大丈夫だよ。母さん。
彼女たちにもずいぶん癒されたり励ましてもらったし。



通夜や葬儀で泣いてくれる人がとっても多くて、とっても困ったけどね。
最初に異常に気づいてくれた看護師やケアマネさんが一番泣いてたね。あのガンコな親父も。



写真は、残念ながら採用されなかったので、見せられなかったのがほんの少しだけ心残り。
ああ、でもこれは僕の独りよがりだな。もし採用されても「何これ?」って言われてただけかもね。













本当に安らかに。

ありがとう、じゃ全然足らないな。








  1. 2014/12/07(日) 02:12:04|
  2. Perfume
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Coo

Author:Coo
ついで書ききれなかったことを書く場所。と言ってもほぼPerfumeと音楽関連。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
Perfume (121)
音楽 (13)
酒 (2)
PC (2)
テレビ (1)
myself (3)
おいしいもの (1)
ファッション (1)

ブロとも一覧


Perfume to 私 と BABYMETAL

パーフェクトスターにはならないで!

マカロニ*ノスタルジー

Perfume 北の便り

Spending all my time

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR